MS&ADでは、2030年に目指す社会像「レジリエントでサステナブルな社会」の実現にむけて、SDGsを道しるべに社会との共通価値の創造を推進してきました。
急速に変化する社会は、リスクとそれを解決するニーズを数多く生み出します。これからは、デジタル技術を活用しながら、万一の補償だけではなく、リスクの発現を防ぎ、迅速な回復を支援する「CSV×DX」戦略をグローバルに展開していきます。そして、MS&ADの強みである多様性を活かし、商品・サービスの変革、販売チャネル・販売手法の変革、新たなビジネスの創造へとつなげていきます。

「レジリエントでサステナブルな社会を支える企業グループ」として、保険事業を「再定義」し、「リスクソリューションのプラットフォーマー」として、持続的成長を実現します。

MS&ADグループの目指す社会像

CSV×DX戦略の具体的な展開

「CSV×DX」取組

#サイバーリスク

2021

高まるサイバー攻撃の脅威 中小企業の “安全” 守る

(2021年 3月 29日 日本経済新聞朝刊掲載)IT(情報技術)の普及で利便性や生産性が劇的に向上した一方、サイバー攻撃や不正アクセスによって企業の機密情報が漏洩する事例が後を絶たない。今やセキュリティー対策は重要な経営課題の一つだが、中小企業によってはITに...

#異常気象

2021

災害頻発、高まる経営リスク TCFD開示へ影響評価支援

(2021年 3月 19日 日本経済新聞朝刊掲載)近年は干ばつや大規模水害などの自然災害が世界各地で頻発し、企業活動に大きな影響を及ぼしている。こうした中、投資家は気候変動リスクが企業財務に与える影響を把握するため企業に情報開示を求めている。MS&ADインシュア...

#異常気象

2021

防災・減災に貢献 リアルタイムで被害予測

(2021年 3月 11日 日本経済新聞朝刊掲載)近年、大規模自然災害が頻発している。被害を未然に防いだり、損失を最小限にしたりするには精度の高い災害情報をいかに早く入手できるかが鍵を握る。MS&ADインシュアランス グループによるデジタルトランスフォーメーショ...

#健康・福祉

2021

社員の健康、アプリで支援 健康経営支援保険を開発

(2021年 2月 19日 日本経済新聞朝刊掲載)働き方改革や「70歳定年」など企業の労務環境は大きな変化の時を迎えており、それとともに従業員のけがや病気を補償する保険も変革が求められる。MS&ADインシュアランス グループのデジタルトランスフォーメーション(D...

#モビリティ

2021

安全・安心なクルマ社会へ 画像解析で迅速に事故解決

(2021年 2月 9日 日本経済新聞朝刊掲載)事業を通じた社会課題の解決は、持続可能な社会の実現に貢献するだけでなく、企業価値の向上にもつながる。MS&ADインシュアランス グループのデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じた社会との共通価値の創造(CS...

#レジリエント

2021

畜産業界の積年の課題 IoTと保険で解決

(2021年1月28日 日本経済新聞朝刊掲載) 持続可能な開発目標(SDGs)を道しるべに社会との共通価値の創造(CSV)に取り組むMS&ADインシュアランス グループ。本シリーズではデジタルトランスフォーメーション(DX)を活用した同グループのCSVの取り組...

#サイバーリスク

2020

中小企業へのサイバーセキュリティ対策

情報社会の進展により、サイバーリスクの脅威は日々高まっていますが、損保協会の調査によれば、中小企業の4社に1社でサイバー攻撃への対策がなされていません。しかし、サイバーリスクが顕在化すれば事業活動に大きな影響を及ぼし、企業の存続さえも脅かしかねません。 MS&...

#モビリティ

2020

米国でのテレマティクス事業の展開

近年、急速なモビリティ社会の変革のなか、新たな運転技術が研究・開発されています。あいおいニッセイ同和損保では、新たなモビリティ社会に対応した国内外の保険商品やビッグデータを活用したサービスの提供・開発に注力しています。テレマティクス技術を活用した新たな商品・サー...

#レジリエント

2020

長野県SDGs推進企業登録制度への支援

自然災害に対して強靭であることと併せて、その地域に十分な雇用があり、富が再生産される持続可能な地域経済がレジリエントなまちづくりにとって不可欠です。わが国でも、この考えのもと「まち・ひと・しごと創生法」に基づく地方創生政策を推進しています。三井住友海上長野支店及...