自然資本の持続可能性向上に取り組む

Background

希少な生きものが自動車事故の被害に

希少な生きものが自動車事故の被害に

動物の生活史に応じた音声アラート

希少な生きものが自動車事故の被害に

動物事故多発地域における
速度超過時の音声アラート

野生動物と接触する交通事故は全国各地で毎年発生しており、自動車の損害や人的な被害を引き起こしています。また、ヤンバルクイナ等の希少動物の死亡原因の上位に轢死(ロードキル)が挙げられるなど、地域によっては交通事故が地域の生物多様性の損失につながっています。

昨今では、シカ等の大型哺乳類の個体数の増加や、各地における野生生物の事情に十分な知識のない観光客の増加等により、北海道や沖縄県等をはじめとする一部地域で野生動物との接触事故の増加が深刻な問題となっています。

Our Initiative

「GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)」、
「スマ保『運転力』診断」に動物アラート

「GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)」、スマートフォン向けアプリ「スマ保『運転力』診断」を利用時に、野生動物との交通事故多発地点へ接近すると音声で注意を促すサービス。2016年に沖縄県(ヤンバルクイナ)でサービスを開始し、現在はさまざまなエリアでサービスを展開しています。

国や地方自治体等が保有するデータを基に特定した動物事故多発地点および区間に接近すると、音声で注意を促します。アラート内容は動物の生活史、出没時間および天候に応じた出没率に応じて変化します。

Our People

安全運転の支援で地域の生態系も守る

【三井住友海上 自動車保険部・企画開発チーム 白井美聡】
三井住友海上 自動車保険部・企画開発チーム 白井美聡

安全運転の支援は損害保険会社の重要な使命です。昨今、希少動物の死亡原因の上位が交通事故であり、深刻な問題になっております。当社の技術を活かすことで、事故を未然に防ぎ、本問題解決の力添えをできることは非常に有意義であると感じています。

近年では、海外からの観光客も増加し、自然豊かな地域において、運転の機会が増えていることから、より一層の使命感をもって、安全運転の支援をしてまいりたいと思います。その結果、地域固有の希少種および地域の生態系を守る、こうした社会との共通価値の創造が新しい社会をつくっていくものと考えております。

CSV Summary

社会的課題

交通事故により希少生物の個体数が減少し、自然の生態系に影響を及ぼす可能性がある

解決策

  • 動物の生息データを組み込んだ安全運転用アプリによる交通事故防止の支援
  • ・交通事故の防止と安全で円滑な交通の確保
  • ・地域の生物多様性および観光資源の保全
  • ・交通事故による支払件数の低減
  • ・自治体や観光業界との関係構築とマーケットの新規開拓

MS&ADグループのニュースリリースや
IRニュース等をメールでお知らせいたします。

メール配信のご登録